ワキガの症状が起きる原因

病院でワキガを治療してもらい、嫌な臭いと決別するというやり方があります。ワキガの症状が起きる原因は、アポクリン汗腺という汗の分泌腺から発汗しているためです。アポクリン腺の数が多い人は、分泌される汗の量も多く、汗の量に比例してワキガの臭いも強くなります。ワキガが濃くなる要因としては、フライ料理や肉料理、牛乳を使った料理の摂取があります。

日々の食べ物だけでなく、メンタル面に負荷がかかり、緊張した状態が継続すると、ワキガが強くなります。ワキガの臭いを緩和するには、ストレスを感じない生活を心がけたり、油の多い食事や、肉の摂り過ぎを控えることが大事です。制汗クリームをつけておくことで、アポクリン汗腺から汗が出ないようにすることも可能です。食事の改善や、ストレス解消などでワキガが改善しない場合は、皮膚科での治療を受けるのがおすすめです。

軽症の場合は、汗の量を抑える内服薬やワキを消毒する外用薬を使用することでワキガの臭いが解消されます。より症状が深刻であれば、アポクリン腺を手術で直接取り除いてしまいます。ワキガの手術には、マイクロリムーブ法、電気凝固法、レーザー治療法、ボトックス注射などがあります。皮膚科の医療機関以外でも、ワキガの治療については、美容クリニックや、美容外科でも受けることができます。エステで背中ニキビケア