正常に保つ

ワキガは遺伝の影響が強く、特に体温が高くなると臭いが拡散しやすくなります。程度が軽い場合、スプレーで抑えることも可能ですが、長時間効果を持続させたいのであればクリームの方が適しています。

わきがはアポクリン腺から出る汗に雑菌の繁殖することにより発生するので、対策クリームには制汗成分と消臭成分が含まれています。ミョウバンに代表されるアルミニウム化合物は汗腺をふさぐので両方の作用があります。タンニン系のポリフェノールもワキガを抑える作用にすぐれていながら自然素材が由来のため、肌に負担が少ない利点があります。

エタノールや酸化亜鉛は殺菌能力が高く、制汗成分をサポートしながら蒸れやすい環境下でも衛生状態を保つことで臭いを抑えます。ハーブにも不快なにおいを抑える作用があるので配合されていることもありますが、あわせて肌の保湿機能を正常に保つこともワキガを必要以上に悪化させないためには必要なため、潤いのための成分もあわせてあるとより高い効果が見込めます。

アンダーゾーンの臭いを消す石鹸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。